どうしてファンカーゴ?

たまたま愛車がファンカードってこともあるんですが、
同じような車がないってことも理由のひとつです。

しいて言えばホンダのフリードスパイクもいいなあと感じている車です。
フリードスパイクは中古でも人気があって、結構高いようです。

2005年には販売も中止になってしまいましたが
未だに町中を走っているのをよく見かけます。

ファンカーゴの特長は

いいところ

●後部座席が簡単に床下収納できる
●ほぼフラットな後部スペース
●天井高がそこそこ有る。
●サイズからは想像できないほど中が広い。
●全長が約3.9メートルでフェリーに乗るとき有利。
●燃費はいい。高速巡航で19km/L走ったときはびっくりした。
●ステアリングでギア操作できるので山道では重宝する。

ぺけなところ

●スタイルがかわいらしすぎる。
●1500ccでパワーが物足りない。
●後部室内長があと20cmぐらい欲しい
●リアゲートが横開きで、雨の日は辛い
●オートエアコンは調節できないので、使いづらい。

書けばいくらでも出て来ますが、ファンカーゴは長所が欠点であり、欠点も長所です。

最近は林道走行にはまっていて、このときばかりは全長の短さに救われています。
細い地道でいきなり行き止まりになったとき、ノアやハイエースならとても無理でも、
この車ならなんとかUターンできます。

山道でガソリンスタンドがなく、メーターがほぼ空の状態を指していても、
100kmぐらいは平気で走ってくれるので余裕です。

■車中泊に向いている車は、あなたのスタイルによって違います。

車中泊を仕事のためにしている方はともかく、ほとんどの方は趣味のためにしています。

私はたびそのものが楽しいタイプです。

釣りのために現地で車中泊する方もいるでしょうし、
登山のために、車中泊する方もいます。

フル装備の大型キャンピングカーで贅沢な旅をしたい時もあります。

car2
千葉の大原にて(車は借り物です。マークはカッティングシートで自作)

しかし、これは道路もキャンプ場もものすごく制限されてしまいます。
ガソリンも道路にまいて走るようなものです。

今の私のように山道、特に林道走行が多い場合は大型車はまず走れません。
ほんとはジムニーが一番良いのかも知れませんが、さすがに室内は狭そうです。

それに道路のほとんどは舗装されていますので、あえてジムニーでなくてもなあとも思います。

その点、ファンカーゴは中途半端に小さく、中途半端に室内が広く、中途半端にパワーが足りない。
何もかも中途半端で、これが微妙にいいんです。

2016年1月20日 どうしてファンカーゴ? はコメントを受け付けていません。 車中泊