姫路・鳥取(1)2015年12月4日~7日

最初は福井・石川方面へ行くつもりだったが、天気が悪そうで姫路・鳥取方面に変更した。
前回は4日間のたびの内3日間雨か曇りでうんざりしたので、今回はなるべく晴れていそうな場所に向かった。

それでも山間部は雪の恐れがありそうなので、タイヤチェーンも持って行きます。
年に数回しか雪がちらつかない大阪では、スノータイヤは考えられません。

P1130134

アマゾンで注文したら、ずいぶん安かった。
3,980円。タイヤチェーンってこんなに安かったかな?

なるべく使わずに済むように祈ってますが、積んでおくだけでこころの支えになります。

最近なんだか急にお城に興味が出てきて、そんなわけで最初の目的地はここになりました。

姫路城

P1130150

何年か前にここを通ったときは、お城全体がすっぽりと覆われていてまったく見ることができなかったのですが、今年ついに改装が終わって真っ白なお城に生まれ変わっていました。

とにかく大きなお城で天守閣まで登りました。
お城に来るたびに思うのですが、何百年も前の人達がよくぞこんなすごいものを建てたものだと感心します。

とくに石垣をみるとその思いが強くなります。
いったいどうやって運んだんだろうか?
どうやって積んだのだろうか?

ふしぎでしようがないです。
平日なのに観光客でごった返していました。

でも気をつけてみていると、ほとんど外国人です。
お城の真ん前にある『大手門駐車場』が3時間600円でお勧めです。

姫路城は見るのに最低3時間はかかります。

大手門駐車場

P1130137

バスの後ろに隠れてしまっていますが・・・
土日はいっぱいかも知れませんね。

他にもありましたが、細かく調べていません。

地図をみると、近くに山城があります。
ぎりぎり行けそうなので、そこを目指します。

置塩城

P1130169

着いたときは夕方の4時少し前。
頂上まで40分ぐらいの道程と書いてあります。

今は陽が沈むのが早いので、ちょっと不安です。
が、徒歩しか行けないようなのでとにかく登ってみることにしました。

かなり急な山道で息が切れます。
何度も休まないと足が進まなくなります。

置塩城天守跡

P1130179

やっと城跡に辿り着いた時には、きっちり40分かかっていました。
城跡しか残っていないので、天守があった場所まで行ったところで陽がくれました。

こんなところでどうやって暮らしていたのだろう?とやはり思ってしまいます。
しかも城ですから、守るも攻めるも大変です。

まったくふしぎでますます興味がわいてきました。

まわりはもう真っ暗で急いで下ることにしました。
下るにつれ、さらに暗くなって木が茂っている場所では足元も見えません。

下りはスピードが出るので余計に危ないです。
危ない、危ないと言い聞かせながら歩いていたらとうとうつまずいてしまいました。

急な坂道でつまずくと、ころげおちるようになり簡単には止まりません。
ぐるんぐるんと何回かからだが回転して、やっと止まれました。

ひざが痛くて見るとけがしたようです。
やっとの思いで駐車場までもどり、しばらく休憩。

明日は竹田城へ行きたいので、ここから北に向かい温泉と道の駅をさがします。
竹田城を少し行きすぎてしまいますが、「丹波楽座」は温泉もある道の駅なので、そこへ行く事にしました。

生野銀山も行ってみたかったのですが、今の時期は4時半頃に陽が沈むので今回はパスしました。

道の駅 丹波楽座

P1130183

お風呂は500円。
きれいで納得です。

足を見ると血が流れています。
ティッシュで拭いて、カットバンを貼りまくって入りました。

ローソンがあって割と便利です。
しかし、道の駅側のトイレはイマイチです。

夜はほぼ0度近くまで下がったようで、かなりの寒さです。
寝袋の上にもう1枚寝袋をかけていますので、体は寒くありませんが、顔がさむいっ!

姫路城と置塩城のあまりの違いを思い浮かべながら寝ました。

2015年12月10日 姫路・鳥取(1)2015年12月4日~7日 はコメントを受け付けていません。 たび 車中泊