Patech CO一酸化炭素警報機

3日後にまた出かけるつもりなのに
なんだか急に寒くなってきた。

夜あまりに寒いと車のエンジンをかけることも有るので、
そのまま寝てしまったときが怖い。

何となく一酸化炭素濃度のチェッカーのようなものがあればいいのになあ
と考えて、ググってみたらなんと普通に販売されていました。

アマゾンで選んでさっそく買いました。

p1140751

2,000円です。
中国製なのでちょっと信頼性に不安がありますが、無いよりはあった方が良いかと思います。

他のタイプも合わせてレビューなどを見てみると、

キャンプでテントのなかでストーブを使うからとか
車中泊で車内でカセットコンロを使うからとか

おんなじ事を考える人がいるんですねえ。
安いから車中泊する人はみんな積んでおいた方がいいです。

レビューから

表面には一酸化炭素濃度表示のモニターとインジケーターが3種あります。
緑:電源ランプ(動作中は30秒に1回点滅)
黄:センサー故障
赤:警告発動
濃度表示については動作中は表示したままです。

ボタンは1つでテスト/リセット用ボタンです。

裏には壁設置用裏蓋とそれを開けると電池ボックスがあります。
電池は9V角形で1つ付属しています。
電池ボックスは+-が強制されるような形になっていないので、+-の表示を確かめてはめる必要があります。

説明書によると濃度と持続時間は
50ppm:60-90分以内
100ppm:10-40分以内
300ppm:3分以内

ということで200ppmを数秒では発しないようです。