ジャンプスターターを買って見ました。

p1140743

今使っている車のバッテリーは、2年を越えて3年目に入りました。
通常ならあと1年はそう心配せずに使えます。

しかし、たびに出ると林道を走ることが多く
寝る場所も山の中が多いです。

1日に数台、時によっては1台も車が通らないことが普通にあります。
車のバッテリーには普通以上に神経を使っていますが、なにがあるかわかりません。

助けを呼ぶにも電話がつながらないことも多く
JAFも呼ぶことができません。

だんだん寒くなってきたので、どうしようか思案中でした。

車中泊用の車にはサブバッテリーを積んだり、
バッテリー内蔵のポータブル電源を使うことが多いです。

しかし、それも小さな車にはかさばります。
いろいろ探していたら、

「ジャンプスターター」という言葉が目に入りました。
過去にはなかったもので、まさに私にはピッタリのモバイルバッテリーです。

リチウムイオン電池の性能が良くなって、今では30Aから60Aもの大電流も流せるようです。
軽いし小さいし良いことづくめのようですが

危険性もあります。
最近ではサムスンのスマホが燃えていましたが、あれもリチウムイオンですね。

私は少しまえまでラジコンの飛行機などを毎週のように飛ばしていました。
ラジコンの世界でもリポバッテリーの出現で大きく変わったのです。

リポはリチウムイオンポリマーの略でリチウムイオン電池の1種類です。

飛行機やヘリが電池で当たり前に飛ぶようになったのです。
しかし、その時は何個もリポバッテリーを発火させたり膨らませたりで

電池の取扱にはかなり気を使いました。
基本的にはあまり無理をしなかったらリポは大丈夫でした。

そんなこともあって容量の少し多めのジャンプスターターを買って見ました。
同じ電流を流すなら、容量の大きい方が負荷が少ないです。

ジャンプスターターにはまるでスマホぐらいの大きさのものも出ています。
それでもエンジンはかかるようですが、さすがに心配です。

で、買ったジャンプスターターは
BESTEK ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター 13600mAh 出力5V/12V/19V

箱を空けてみるとしゃれたケースに入っています。

p1140744

車のバッテリーにつなぐケーブル意外に、ノートパソコンやスマホの充電に使えるケーブルとコネクター
それから、家庭の電源からと車のシガーソケットから使える2種類の充電器。

コネクター類はいろんなメーカーに合うように、沢山の種類がセットされています。

バッテリー本体は片手で軽く持てる小ささで、430g。
価格は6,980円(今調べたらなぜか7,980円になってます。)

p1140746

車のバッテリーに接続するときはこうやって使うみたいです。

p1140750

スマホなどの充電に使えるほか、LEDランプもあります。
ランプの点滅や、SOSの信号点滅もあります。

SOS点滅信号! これは意外と役に立つかもと思いました。

山の中で車のバッテリーがアウトになった時の恐怖を考えると
これ1つあるだけでも安心です。

2016年11月6日 ジャンプスターターを買って見ました。 はコメントを受け付けていません。 車中泊