滋賀・福井(4)2016年6月24日~28日

230号 伊勢峠

P1130976

翌朝、九頭竜湖を目指して230号線を東へ。
道幅はかなり狭く大型車は無理です。

伊勢峠まではなかなか走りごたえがある道路でした。
ほぼ1車線で対向車とすれ違うのは無理です。

P1130977

小さすぎてわかりませんが、ここでも猿が出迎えてくれます。
昨日も何度か見かけましたが、中には逃げようとせず道ばたで堂々と

こちらを眺めているのもいます。
ボスざるなんでしょうか?

P1130978

天気が良くなってきたのでご機嫌です。
九頭竜ダムは余計にきれいに見えました。

九頭竜湖の半ばまで来たところで、
面谷鉱山跡の標識が目に入りました。

用も足したかったので、なんとなく行ってみることにしました。
今朝からここまで一台も車に合っていません。

面谷鉱山跡

P1130983

こんな景色から始まりました。
なんかわくわくしてきます。

P1130985

P1130989

そして、この面谷鉱山住居跡からの眺めが
絶景なんです!

P1130991

思いがけずに出会えた絶景に
感動ひとしきりです。

実際の景色は、この写真ではちょっと伝わりません。

さらに奥まで行ってみましたが
平家岳登山口の駐車場で行き止まりでした。

P1130987

ビックリしたのですがここに車が1台止まっていました。
まさか誰も来てないだろうと思って、さっき道ばたで用を足したものですから・・・

ほんとはまだ道があったのですが
ファンカーゴではとうてい無理な感じの道でしたので

引き返しました。
足元で親子の山鳩が飛び出したのにはびっくりしました。

158号線に合流して、
道の駅古今伝授の里へ寄りました。

この道の駅はお風呂も有り、お店も充実していていいところです。
何度か立ち寄ったことはありますが、今回は日差しが暑くてゆっくりできません。

お土産に手作りのきなこを買いました。
この後は52号線板取街道を走るつもりでしたが、

P1130994

通行止めでした。
ならばと、もう少し南下して256号線で西へ向かい

418号線に入りました。
1日旅程が伸びたので、すごくのんびりしています。

それに加えて、1日分の着替えが有りませんので、
途中のわき水で洗濯しました。

流れる水でじゃぶじゃぶしただけですが・・・
車内でハンガーにつるしておけば乾きそうです。

うすずみ桜の里・ねお という道の駅があります。
名前が気になって行ってみました。

P1130997

名前の通り「淡墨桜」と呼ばれる立派な桜の木が大事に保存されていました。
桜の花は春しか咲かないので、閑散としています。

道の駅とは少し離れた場所に有ります。

みやげ物店もたくさんありましたが、この桜の木だけでは商売にはならないでしょうね。

さらにすぐ近くに断層を見られる場所があるようなので行ってみました。

根尾谷断層

P1130999

写真の道路に車が1台見えています。
その左側の畑と右側の茂っている場所が盛り上がった断層です。

展望台があって、そこからの景色です。

うすずみ桜の里・ねお

P1140004

温泉があるのですが、月曜日は定休日です。
わかっていましたが、また雨が降り出したので

もううろうろしないで今日はここに泊まります。
芝生の広場などがあって、スペースも広大。

なかなかいい場所です。
が、温泉が休みで雨なので他に誰もいません。

ホテルもありましたが、宿泊者はいないようでした。

2016年7月6日 滋賀・福井(4)2016年6月24日~28日 はコメントを受け付けていません。 たび 車中泊